セグウェイの価格について調べてみた

 

最近、セグウェイという聞きなれない名前の乗り物を見たり聞いたりした人いるんじゃないですか?セグウェイとはアクセルやブレーキ等が付いていない、乗っている人の重心移動だけで運転操作する電動立ち乗り自転車の事なんです。

 

アメリカの発明家であるディーン・ケーメンを中心に開発されたロボットで、これまでに全世界で6万台以上が販売されています。

 

動力はガスや油などの燃料は使わず、充電することで走る電気車なので排気ガスを全く排出しない環境負荷の低い乗り物という特徴もありますね。

 

海外では警察官や民間の警備会社などで使われていますが、今では日本でも導入されつつある乗り物なんです。

 

例えば広大な国立公園内を管理するスタッフが乗っていたり、ゴルフ場内の移動なんかにも使われていますね。更には警視庁でも導入されていて、羽田空港内の警備強化を目的としたセグウェイを使っての巡回警備を新たに行なったりもしていますね。

 

そんな最近日本でも注目され始めているセグウェイですが、値段はどのくらいなのでしょう?

 

モデルも幾つかあって、室内や舗装路専用のオンロードタイプと悪路を走れるオフロードタイプとがあります。

オンロードタイプ

オンロードタイプは重量約47キロ、車体の大きさ48センチ×63センチのセグウェイ代表的なモデルです。
そして価格はオンロードタイプ925,000円(税抜き)です。

オフロードタイプ

オフロードタイプは重量54キロ、車体の大きさは67センチ×84センチありタイヤも低圧ワイドタイヤを使用していて未舗装路などの悪路のスムーズに走行できるようになっています。
オフロードタイプは987,000円(税抜き)。

 

どちらも結構お高め価格ですね。
半額程度で中古販売もしているので購入をお考えの方は中古品も視野に入れると良いと思います。

 

他に短期間だけの利用やイベントでの利用などをお考えの場合はリース・レンタルするという手もありますし、最近では一度試乗してみたいという人の為に試乗会イベントを行なうところもあり、自然公園などでセグウェイ体験ができるツアーなどの開催もしていますので一度利用されては如何でしょうか。

関連ページ

セグウェイで公道を走行可能な街はココ!
セグウェイを含めたモビリティロボットは法律上、日本の公道では走行を認められていません。ただし、唯一の例外として、この街ではセグウェイが公道で走ることを認められてます。
セグウェイってどんな仕組みで動くのか?
セグウェイは体重移動だけで前進や後進、加速や減速させる事を倒れる事無くできる訳なんですけどどんな仕組みなのでしょうか?
セグウェイの動かし方はシンプルで簡単
セグウェイは実際にどんな風に操作するのでしょうか。ここではセグウェイの動かし方について解説していきたいと思います。
セグウェイで事故!本当に安全な乗り物なのか?
セグウェイはその形状から他の乗り物とは違うタイプの事故も見られます。ここではそうしたセグウェイに関する事故に関して考えてみます。
購入前に要確認!ミニセグウェイに乗るのに免許は必要なのか?
ミニセグウェイを買ったはいいが、免許が必要だった!講習を受ける必要があった!と後悔する前に本記事で要確認!
ミニセグウェイは子供でも乗れるのか?値段や機能性と合わせて解説!
ミニセグウェイは子供でも乗れるのかどうか徹底調査してみました!
ミニセグウェイは乗り手次第で段差も難なく昇り降りできるのか?
ミニセグウェイは段差に弱い!こういった口コミをサイトでよく目にしますが、これって本当なのでしょうか?一方乗り手のテクニック次第で難なくクリアできるとうい話もあります。

このページの先頭へ戻る