キントーンの速度はどのぐらい出るの?

 

大手販売サイト「楽天」において、自転車、そしてアウトドア部門1位を二冠達成したセグウェイのように乗れるセルフバランススクーター、キントーンについて紹介いたします。

 

中々聞きなれないこの製品は、安全性を追求し、さらに機動性の向上を達成した新世代の乗り物と考えて良いでしょう。
今回は、ハンドフリーのこのキントーンの速度はどの程度出るのかということについて紹介していきます。

 

安全性を考慮した十分な速度

キントーンは、冒頭でも書きましたが、一世を風靡したセグウェイの二世的存在です。
現在セグウェイは世界中で使われており、カメラなどを持ちながらターゲットを追走するために競技界などでも見かけます。

 

そのため、速度に関しては日常的に使えて勝つ安全性を重視した速度までしか出ないようになっています。
充電時間2時間程度で最大20キロほどまで走ることのできるというキントーンのトップスピードは、時速10キロまでとなっています。

 

10キロぐらいということは、成人男性が、かなり早く歩いたスピードなので、危険性は皆無です。
イメージのしやすさとしては東京新宿駅の人ごみの速さを想像するとわかりやすいかと思います。

 

サラリーマンやOLの方々が、かなりの早足で電車からホームを移動していますよね?
あのスピードよりも若干遅い、と考えていただければ、危険性を感じることはないはずです。

 

実際の使用においての危険性は?

実際は、体重移動のみで移動が可能な上、女性や小さな子供でも運転しやすい機動性を備えています。
前述したようにスピードも10キロ程度なので、急な旋回によって大事故につながる危険もほぼありません。
近場への移動、手ぶらで軽くお散歩などで軽くスイスイ行けるキントーンはこれからも高いシェア率を誇っていくことでしょう。

 

いかがでしょうか?
カップルでデートで使用するもよし、子供と一緒に公園などで使用するのもよし、子供同士で遊ぶのにも十分使えます。
クリスマスや、子供の日、そして誕生日などのプレゼントとして、この機会に是非試してみてはいかがでしょうか?

関連ページ

キントーンの類似品に要注意!正規品とココが違う!
人気のある商品の宿命、それは類似品が出回ることです。キントーンも例外ではありません。類似品と正規品の見分け方を説明します。
ミニセグウェイ『キントーン』に免許が必要!?免許無しでも乗れるの?
「スクーター」と商品名に書いてある以上、キントーンには実際に50cc免許などが必要なのでしょうか?また乗るのに講習会が受講必須とか面倒な手続きはないのでしょうか?
ミニセグウェイ『キントーン』は危険?安全性は大丈夫なの?
ネットから火がついた次世代スクーターのキントーン。果たして安全性はクリアしているのでしょうか?子供が乗っても怪我の危険性は無いのでしょうか?
ミニセグウェイ『キントーン』の操作性を知りたい?
次世代のセグウェイこと「キントーン」。その操作性に興味ありませんか?子供でも老齢者でも大丈夫な乗り物なのでしょうか?
いずれキントーンで通勤できるようになります!?
自転車やバイクのようにキントーンで通勤できたら、どんなに楽だろうかと思ったことはありませんか?
ミニセグウェイ『キントーン』の評判はどうよ?
キントーンは、まだまだ認知度に関しては先に出たセグウェイには敵いません。しかし、どの製品も認知度=評判ということではありません。
セグウェイとミニセグウェイ『キントーン』を比較してみた!
セルフバランススクーターであるセグウェイとキントーンの違いについて比較してみます。
ミニセグウェイ『キントーン』は公道を走れるのか?
ミニセグウェイ『キントーン』は公道OKなのか?道交法の問題もあるので気になるところですね。
キントーン ライディングホイールをまだ知らないの?
キントーンには、スケートボードの様な動きができるキントーン・ライディングホイールという商品もあります。今回は、この売りと特徴をしっかりと見ていきましょう。
ミニセグウェイ『キントーン』は防水?雨の日も大丈夫?
キントーンは購入時に「IP54」が付いているもので、飛まつに対してのみ完全な保証がある防水機能が備わっている種類があるということが分かりました。
キントーンに年齢制限はあるの?子供でも乗れる?
キントーンのミニセグウェイには年齢制限があります。しかし、キッズ用キントーンのミニセグウェイも販売されています。

このページの先頭へ戻る