キントーンに年齢制限はあるの?子供でも乗れる?

 

大人から子供まで使用できるデザインを持った、また、子供心をくすぐるスタイルをしているキントーン。
子供のバランス感覚を培うのに最適そうなミニセグウェイですね。

 

もしかしたら年齢制限があるの?という疑問が出てくることもあるでしょう。
こんなに子供が使用できる利点が多いにもかかわらず、子供が乗ることは不可能ならば、困ってしまう方もいるかもしれません。
公式HPから得た情報からこのあたりを整理していきましょう。

 

残念ですが、キントーンのミニセグウェイには年齢制限があります。16歳以上が公式に勧めている年齢です。

 

かつ、安全性の観点から最低体重が20kgとなるので、安全にキントーンを使うにはこの年齢制限や他の使用制限を守る必要があります。
体重が無さ過ぎると、カーブなどで飛ばされてしまう可能性があるからかもしれませんね。

 

では、子供は一切キントーンに乗ったり、遊んだりはできないのでしょうか?
実は、子供にもキントーンに乗せてあげたいという大人からの要望が以前から多く、キッズ用キントーンのミニセグウェイも販売されています。

 

 

傾斜15度まで走行可能、壊れにくいABSPCという素材の使用、防水・防塵機能など大人用と比べても性能の差が少ないものです。

 

しかし、キッズ用のキントーンにも制限があります。
それは最低体重が16kgだということです。
幼稚園児くらいなら乗れますが、まだ体重があまりない子供は乗せられないことになります。
つまりは、たいていの子供は乗れるというとこも意味しているようですね。
最高時速は時速10kmと子供用設計になっています。

 

また、滑りにくくなっている踏み台やLEDヘッドライトも子供が遊ぶ際に安全になるように、大人用から構造が継承されています。
体重移動だけの簡単操作も説明が少なく済んで子供の楽しさを増長すること間違いなしですね。

 

購入したい場合は是非、充電器や取り扱い説明書(日本語)、キッズ用ヘルメット、手と膝を守るプロテクター、キントーンを持ち運べるキャリングケースがもらえる正規店ルートで買いたいものです。

 

正規店で購入すれば、故障しても6か月間の保障があると、仮に壊れてしまって修理に出したキントーンも送料無料でご自宅へ郵送、というサービスもあります。

 

大人から子供までアクティブに走行を楽しめる電動立ち乗り二輪車キントーンのミニセグウェイ。
これなら安心して子供の誕生日やクリスマス、こどもの日などのプレゼントなどにできますね。
親子で、家族でキントーンに乗れば楽しさも数倍になります。

関連ページ

キントーンの類似品に要注意!正規品とココが違う!
人気のある商品の宿命、それは類似品が出回ることです。キントーンも例外ではありません。類似品と正規品の見分け方を説明します。
ミニセグウェイ『キントーン』に免許が必要!?免許無しでも乗れるの?
「スクーター」と商品名に書いてある以上、キントーンには実際に50cc免許などが必要なのでしょうか?また乗るのに講習会が受講必須とか面倒な手続きはないのでしょうか?
キントーンの速度に驚愕!どのぐらいのスピードが出るのか知ってましたか?
キントーンが速い!こんなにスピードが出る乗り物だったとは?キントーンの速度情報をお伝えいたします。
ミニセグウェイ『キントーン』は危険?安全性は大丈夫なの?
ネットから火がついた次世代スクーターのキントーン。果たして安全性はクリアしているのでしょうか?子供が乗っても怪我の危険性は無いのでしょうか?
ミニセグウェイ『キントーン』の操作性を知りたい?
次世代のセグウェイこと「キントーン」。その操作性に興味ありませんか?子供でも老齢者でも大丈夫な乗り物なのでしょうか?
いずれキントーンで通勤できるようになります!?
自転車やバイクのようにキントーンで通勤できたら、どんなに楽だろうかと思ったことはありませんか?
ミニセグウェイ『キントーン』の評判はどうよ?
キントーンは、まだまだ認知度に関しては先に出たセグウェイには敵いません。しかし、どの製品も認知度=評判ということではありません。
セグウェイとミニセグウェイ『キントーン』を比較してみた!
セルフバランススクーターであるセグウェイとキントーンの違いについて比較してみます。
ミニセグウェイ『キントーン』は公道を走れるのか?
ミニセグウェイ『キントーン』は公道OKなのか?道交法の問題もあるので気になるところですね。
キントーン ライディングホイールをまだ知らないの?
キントーンには、スケートボードの様な動きができるキントーン・ライディングホイールという商品もあります。今回は、この売りと特徴をしっかりと見ていきましょう。
ミニセグウェイ『キントーン』は防水?雨の日も大丈夫?
キントーンは購入時に「IP54」が付いているもので、飛まつに対してのみ完全な保証がある防水機能が備わっている種類があるということが分かりました。

このページの先頭へ戻る